サウシードッグ いつか 歌詞。 いつか/Saucy Dogの歌詞

Saucy Dog コンタクトケース 歌詞

歌詞 サウシードッグ いつか

😃 キレイに見えるのは夕方から19時頃。 しかし、思い出して頂きたいのは 君は既に亡くなっているということ。

4

【Saucy Dog/いつか】歌詞の意味を徹底解釈!亡くなった彼女へ捧げる歌に涙が止まらない。

歌詞 サウシードッグ いつか

👍 優しいメロディーに加えて 歌詞の繊細さにも注目です。 1stミニアルバム『 カントリーロード』に収録されている「 いつか」のMVはすでに1600万回以上再生されており、大きな注目を集めています。

2

いつか/Saucy Dogの歌詞

歌詞 サウシードッグ いつか

👣 なんだよずるいなぁ が刺さる。 回想している思い出がキラキラしているからこそ、戻らない幸せであることが切ない。

4

Saucy Dog コンタクトケース 歌詞

歌詞 サウシードッグ いつか

👉 歌詞 坂道を登った先の暗がり 星が綺麗に見えるってさ 地べたに寝転んじゃう辺り あぁ君らしいなって思ったり 時間を忘れて夢中になった 赤信号は点滅してる 肌寒くなり始めた季節に 僕らは初めて手をつないだ 二人の物語 ふたりでひとつの傘をさしたり ブランコに乗り星を眺めたり 押しボタン式の信号機を いつも君が走って押すくだり 仰向けになってみた湖 宙に浮いてるみたいってさ はしゃいでる君とその横でさ もっとはしゃぐ僕なら 本当に飛べるような気がしていた ふわふわと夢心地 君の隣 君の見る景色を全部 僕のものにしてみたかったんだ あぁ 君を忘れられんなあ 当たり前に通ってたあの道 信号機は無くなるみたいです 思い出して切なくなる気持ちも いつかは無くなるみたいです そういえば寒い雪降る日の 田和山の無人公園でさ 震える体 暗い中 いつものように笑い合う 街灯の下で 僕の目に映り込んだ君が いつもよりちょっと寂しそうな気がした 今になってさ 思い出してさ 後悔じゃなにも解決しないさ 忘れられないのは 受け入れられないのは 君を思い出にできるほど僕は 強くはないから 僕の見た景色を全部 君にも見せてやりたかったんだ あったかいココアを一口 いつかまた逢う日までと 笑う顔に嘘は見当たらない じゃあね じゃあね またどっか遠くで いつか 作詞:石原慎也 スポンサーリンク 歌詞の意味・解釈 1番 坂道を登った先の暗がり 星が綺麗に見えるってさ 地べたに寝転んじゃう辺り あぁ君らしいなって思ったり 時間を忘れて夢中になった 赤信号は点滅してる 肌寒くなり始めた季節に 僕らは初めて手をつないだ 二人の物語 何気ない「二人の物語」がポツポツと綴られていく。

15

Saucy Dog いつか 歌詞

歌詞 サウシードッグ いつか

👎 共感を呼ぶ楽曲が多い中で Saucy Dogが自分たちを表現する 「メトロノウム」 楽曲の雰囲気もさながら 「俺たちは今こうなんだよ」 と言い放つ歌詞で構成されているようです。

3

いつか/Saucy Dogの歌詞

歌詞 サウシードッグ いつか

🙄 切なすぎる歌詞に迫っていきましょう。 一生となりで幸せを育みたかった という風に解釈することができる。 さらに、失恋ソングにしては別れる要因を演出するような情景表現は一切なく、むしろキラキラしている彼女との思い出話が綴られていく。